アートで元気になるプロジェクトニュース

アートで元気になるプロジェクトのニュースと活動記録です。

中国の文博会に行って来ました!②

さて、1の続きです。会場は全部で9個。ガイドのパンフレットを見るとこんな感じ。

f:id:artdegenki:20190524111319j:plain

パンフレット

2号館は1号館の続きではあるが、台湾が出展している。

3~5号館はどれがどれだったか、はっきりしないが、アニメ、出版などのブースは並ぶ。アニメは日本の影響が大きいと思われるようなものが目立った。コスプレの方々も出会った。VRのゲームもいくつか出ていて、盛況であった。

6号館はアート系。水彩画や油絵が並んでいる。深圳には油絵村という場所があり、多くの方が絵を描いている場所があるらしいが、今回は行っていない。

ゴッホの絵の写真や本が目立ったので、こちらで流行しているのかもしれない。

7~8号館は一路一帯の館で、世界の関係国の物産展になっていた。とても国際色豊かで、見ていて面白い。

9号館は工芸関係で、石や茶、木、香木関係があった。中国では風水を大切にしているため、木を身に付けたり、石を飾ったりするようで、細かい細工を施したものが多数並んでいた。

f:id:artdegenki:20190524113009j:plain

石の彫刻

竹を細く裂いて、織ったもので出来た像。

f:id:artdegenki:20190524113248j:plain

竹の繊維の像

袖部分を見ると織物であることがわかる。

f:id:artdegenki:20190524113349j:plain

竹の繊維の織物

すごいとしかいいようがない。

中国では自然のものを使った高い技術の工芸が多く、農耕民族が主流ではないかと思った。豊作や家族の安全、健康を願い、風水も発達したようで思える。

最後に線香を作っていた女性の素晴らしい技を紹介したいが、動画を取り忘れたので、静止画で申し訳ない。

f:id:artdegenki:20190524113912j:plain

線香の作り方

左にある粘土のようなものが線香を練ったもので、それを板で引き出しながら、細く丸めていく。決まった長さになったら切れる。これが結構な早さで繰り返される。職人芸以外なんでもない。見ていて飽きない。

あちらこちらでやっていたデモはどれも面白く、一見の価値があるものばかり。

これがすべて見られるこの展示会は素晴らしいと思った。

また、来年も機会あれば行ってみたい。

中国の文博会に行って来ました!①

2019年5月16日(木)~20日(月)まで中国深圳の展示会場で開催された第15回文博会に行って来ました。文博会は中国の文化の展示会で、伝統的な文化や新しい文化などが展示、販売されています。会場は深圳の市街地近くで東京のビッグサイトぐらいの大きさだと思います。建物は全部で1~9号館までありました。

f:id:artdegenki:20190524103402j:plain

展示会場

まずは1号館。ここが一番のメインの館で、全国の地域からそれぞれの文化を展示しており、その民族性が見られる。中国は東西南北に広いので、その違いが興味深い。

最新の技術でLEDパネルを使った映像がどこも素晴らしく、なんといってもデカい。立体的に映像を流すブースも多く、その場にいるような臨場感がある。

f:id:artdegenki:20190524103636j:plain

LEDパネル

この映像はとても効果的で、わかりやすい。これだけ大きなものがあるのかというぐらいデカい。費用もかなり安くなってきているのではないか?と思われるので、今後、日本の展示会でも登場してくるものと思われる。

f:id:artdegenki:20190524104052j:plain

ガラスをスクリーンにして映像

ガラスをスクリーンにして映像も面白い。ショーウィンドウなども楽しくなると思う。

それぞれのブースの民族衣装も楽しい。

f:id:artdegenki:20190524104414j:plain

民族衣装

f:id:artdegenki:20190524104457j:plain

民族衣装

 

f:id:artdegenki:20190524104533j:plain

民族衣装

鮮やかな色と刺しゅうが目立つ。今回の展示会で見てみたかったものの一つが「刺しゅう」である。日本刺しゅうでも、ヨーロッパ刺しゅうでもない、中国独特の刺しゅうを見てみたかった。その刺しゅうの色使い、細かさ、技法などとても刺激的で新鮮だった。一部ではあるが紹介したい。

f:id:artdegenki:20190524104940j:plain

刺しゅう

f:id:artdegenki:20190524105017j:plain

刺しゅう

f:id:artdegenki:20190524105106j:plain

刺しゅう

f:id:artdegenki:20190524105225j:plain

刺しゅう

本当にすごい!

刺しゅうと言えば、昔スワトー刺しゅうや両面刺しの刺しゅうが有名で、中国の特定の地域の文化だと思っていたが、どこのブースにもあり、刺しゅうは中国全地域にあるといっても過言ではないような気がする。そして、少しずつではあるが、地域性もある。

ただ高い技術はどこも一緒で、簡単なワンポイント刺しゅうのようなものは見かけない。こうした刺しゅうの技術をうまく日本に伝えられないかと考えている。

中国の文博会に行って来ました!②へ続く。

 

 

和ぎれのキルト展3開催しました!

今年も「和ぎれのキルト展」を大阪市天王寺公園慶沢園内茶室「長生庵」にて11月2日(金)~4日(日)まで開催しました。今年で3回目となるキルト展には多くの方々に来場いただきました。

今年は台風や地震の影響もあり、開催が危ぶまれましたが、慶沢園を管理されている皆さんのお陰で開催できました。しかし、あの強烈な台風21号にも耐えた古い茶室はすごいですね~。多分周りの木々が守ったのだと思います。その木々が倒れなかったのもお互いで守り合ったからではないでしょうか?

ただ今年の夏は暑かったですよね。その影響もあるのか、例年になく蚊がまだいました。昨年はほぼ見なかったのに。しかし、連日暖かい日が続き、過ごしやすかったです。f:id:artdegenki:20181127180223j:plain

作品点数は昨年と同じぐらいです。茶室は結構暗く、ぼんやりとした明かりがある程度です。障子から入ってくる光は時間とともに変わって行きます。

だから見る時間によって、作品の表情も変わります。

f:id:artdegenki:20181127180618j:plain

今年も庭に飾りました。最初は管理が大変なのでやめようかという話になっていましたが、見に来られる方々が楽しみにされているので、2点展示しました。

f:id:artdegenki:20181127180820j:plain

f:id:artdegenki:20181127180858j:plain

大きな作品だけでなく小物を展示していますよ。

f:id:artdegenki:20181127181105j:plain

今年の来場者の方々を見ているとアジアの方が昨年より減ったような気がします。その分、日本の方が増えて、結局昨年とほぼ同じ3日間で2,285人の来場者数となりました。

ご来場ありがとうございました。

来年も開催予定です。お楽しみに。

心斎橋の立版古キット配布中!

今年2月に制作しました昔あった心斎橋の立版古(ペーパークラフト)キットを無料配布しています。

この立版古は長堀川にかかっていた橋を再現したものです。と言っても資料は絵はがきと現在の横断歩道に残された欄干の一部だけです。

f:id:artdegenki:20180227154604j:plain幸いガス灯は残っていました。

f:id:artdegenki:20180227154742j:plain

まずはこの残された欄干の実測から始めました。

すごい人通りの中、巻き尺を持って、測る変なおじさんです。パッとみたら、この欄干は同じ形の石が並んでいるように見えますが、測ると違います。これが後々、とても悩む原因となります。どうやら、歩道橋をばらす時に配置を変えたようなのです。

次に古い絵はがきを見ては定規に寸法を測りました。今ある欄干のサイズがわかっているので、その横にある部分のサイズを割り出します。しかし、絵はがきは正面から撮影しているものがほとんどなく、斜めから撮影したものが多くて、遠近で実際の寸法はわかりづらい。何枚も絵はがきを測って、共通の寸法を出していきました。

途中でいろんな人に経過を説明しましたが、理解は得られず、ほとんどの方から「まあ、暇な事で」「お金にもならんことようやるわ」と言われ、ドンドンと落ち込んでいきました。

作り始めて3週間ぐらい経つと全く進まなくなりました。正面からの画像が見たい!どうしてもバルコニーみたいな場所の大きさがわからない。

そんな時、遂に見つけました!正面の画像!これからバルコニーの横幅を出して、最終の図面が出来ました。

f:id:artdegenki:20180227162227j:plain

組み立てたものがこれ!

f:id:artdegenki:20180227155503j:plain

100分の1モデルとなります。

現在、このペーパークラフトキットが付いた冊子を無料配布しています。

事務所まで来ていただくとお渡しします。送って欲しい方は送料として500円いただければお送りします。

連絡先は

〒541-0059

大阪市中央区博労町1-2-5 船場盛進堂3F

アートで元気 津村

メールはtsumutyo@gmail.com

まで

f:id:artdegenki:20181127161149j:plain

 

浅山芦国の石碑修復完成式典がありました!

先日来よりブログに書いてきました浅山芦国のプロジェクトの最終イベントとして、「浅山芦国の石碑修復完成式典」を開催しました。

日時:2018年10月28日(日)10時~11時30分

場所:円成院 大阪市天王寺区下寺町2-2-30

当日は晴天の中、約20名の方々の参列いただき、無事終了することが出来ました。

f:id:artdegenki:20181105142406j:plain

石碑はコの字型のコンクリート製の祠の中に納めました。

このコンクリート製の祠を制作・寄付していただいたのは株式会社つむら工芸さんです。とても斬新なデザインで、新しい祠のスタイルですね。

祠の下には「浅山芦国について」書かれたプレートが入っており、側面には「この石碑を残す意義」が書かれています。さらにその下には今回、募金をいただいた皆様のお名前を刻むプレートが入る予定です。

予定というのは今年の12月中旬まで募集することになったため、まだ出来ていないという理由です。

この石碑は円成院さんの門を入ったすぐ横にありますので、すぐにわかります。

当日は除幕式の後、住職の法要があり、休憩後、国立博物館の曽田先生より「浅山芦国のお話」がありました。話の中では芦国の自画像が出てきて、こんな人だったのか?と感心しました。

すべて終わった後、石碑を囲んで記念撮影をしました!

f:id:artdegenki:20181105143755j:plain

これからも皆さんが気軽に出会える石碑として保存活動をしていきます。

それから現在、ホームページも作成中です。

なお、2018年12月中旬までは募金を募っておりますのでよろしくお願いいたします。

クラウドファンディングは終了しています。

f:id:artdegenki:20180926162227j:plain

 

 

 

浅山芦国の石碑を保存する!

以前に浅山芦国の石碑について書きましたが、その後もずっと活動は継続しており、ようやくお披露目出来る日も近くなってきました。

でも浅山芦国って誰?という疑問も多いと思いますし、上方浮世絵なんてあったの?と思われる方もいると思います。

 本当のところ、私も全く知らず興味もありませんでした。北斎の浮世絵はハルカス美術館の長蛇の列に並んで見に行きましたが・・・

上方浮世絵はほとんどが役者絵のため、歌舞伎をあまり見ない方にはわかりにくいものです。役者絵は今で言うプロマイドのようなものなので、その役者に興味のない方にはあまり価値のないものです。まして、ずいぶん昔の役者なので、馴染みもありませんし。

しかし、上方浮世絵は実際にありましたし、その華やかな時代もありました。それは上方の歴史であって、なくなるものでもなく、なくすものでもありません。

むしろ、大阪人にとっては誇らしい歴史であり、大切にしなければいけないものです。大阪の文化はお笑いや粉もんだけではありません。世界を代表するような文化があったのです。そして、今もあるのです。

それを証明する一つがこの浅山芦国の石碑だと思います。

f:id:artdegenki:20180926161155j:plain

f:id:artdegenki:20180926162227j:plain

この石碑は和泉砂岩で出来ており、崩壊の危機の瀕しています。昨年末よりヒビ割れなどの修復を行いましたが、これから雨風から守る祠を制作し、誰もが見れるような場所に設置したい。そして、残したい。

アートで元気はこの浅山芦国の石碑を保存するために活動を行います。

*祠の完成は10月下旬の予定です。

一人で出来ることは限られていますが、皆さんのお力があれば実現出来ることと確信しています。

現在、クラウドファンディングにてご支援を募っています。1万円のご支援をいただければ、お名前を石碑の側面に入れて保存していきます。

是非、ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

camp-fire.jp

レース作品コンテストの支援やってます!

名古屋の小林株式会社さんが会社設立70年を迎えるにあたり、レース作品コンテストを開催されます。

今回、アートで元気でチラシ、売り場展示、動画制作などをお手伝いさせていただきました。

名古屋中心部、白川公園近くにある小林株式会社は服飾レースから始まった服飾材料専門会社です。お店のショールームにはいろんなレースがいっぱいあります。

といっても私はレースについて、あまり知識がなく、レースには種類はないかと思ってました。しかし、レースは奥深い。

大きく分けて、

1.エンブロイダリーレース

2.ラッセルレース

3.リバーレース

4.トーションレース

があります。

日頃、見るのはエンブロイダリーレースやラッセルレース。

エンブロイダリーレースは文字通り生地に刺しゅうをするレースです。お湯で洗うと溶ける生地に刺しゅうし、後で生地部分を溶解して糸だけを残すケミカルレースもこのエンブロイダリーレースの一種です。

ラッセルレースは経編み機(たてあみき)を使ったレースで、いわゆる編み組織。

リバーレースはボビンレースのような撚りレース。

トーションレースは組むレースということだそうです。

この中で一番高級なのがリバーレース。m単位で数千円はします。

この中でエンブロイダリーレース機を見学に行き、映像にしました。

場所は愛知県の大府です。この辺りでは最後のレース工場だそうです。

その時の動画がこれです。

youtu.be

とても大きな機械です。糸が細いので切れて時々停止します。そのたびで係員さんが走っていって、繋ぎ直します。それでも傷になった部分は後でミシンで職人さんが修正します。全くわからない程まで修正出来るのは熟練した職人芸だそうです。

また、図案データはイラストを入力したら簡単に出来るのかと思ってましたが、なんとペンを使って手作業で入力していくそうです。簡単にちょっと作って欲しいとはいきませんね。

こうしたレースについての詳しいお話をまとめたコーナーを小林株式会社の2階に設置しました。

f:id:artdegenki:20180626141408j:plain

文字はハリパネを切ったものです。その下にはレースの魅力や歴史が書いてあります。

f:id:artdegenki:20180626141427j:plain

レースの種類別に説明しており、現物サンプルも添付しています。

f:id:artdegenki:20180626141448j:plain

この角度で見ると切り文字が少し立体的になっているのがわかります。

さて、肝心のレース作品コンテストのご案内です。

f:id:artdegenki:20180626140710j:plain

手編み以外のレースを使った作品なら分野は問わず、応募出来ます。

賞品も多数あり、協賛企業さんもたくさん参加いただけました。

是非、ご応募をお待ちしています。