アートで元気になるプロジェクトニュース

アートで元気になるプロジェクトのニュースと活動記録です。

隠岐の島の海士町へ行って来ました!②

さて、前回の続きです。

なぜ、海士町は成功したのか?

それはやっぱり人ですね。

ここで働く人たちは地元の方や移住してきた方です。

皆さん共通なのが活き活きとしていることです。

特に役場の方や教育関係の方はやりたいことがあって、

その仕事についているみたい。

安定とかを求めているんじゃないって感じました。

土曜日の夜に開催されたビアガーデンは役場の主催ですが、

すごい人と盛り上がり!

f:id:artdegenki:20170815152039j:plain

役場の皆さんが売店を出されて、いろんな食べ物や飲み物を販売しています。

盛り上げようという気持ちがいっぱい感じられます。

f:id:artdegenki:20170815152100j:plain

場所はフェリー乗り場の横の広場。

ここはこうした催し物用に作られているんですね。

f:id:artdegenki:20170815152117j:plain

カラオケタイムがあり、地元の方々が出てきて、

異様な盛り上がり!思わず、私も飛び入り参加!

f:id:artdegenki:20170815152141j:plain

熱唱してしまいました(笑)

この町ではもうすぐこんなお祭りも開催されるようです。

f:id:artdegenki:20170815152821j:plain

キンニャモニャ祭りです。

しゃもじを持って踊るようです。どうしてこんな踊りになったか?

 様々な説があるようですが、よくわかりません。

しかし、真ん中の男性モデルを見たら、楽しんでもらいたいという気持ちが

伝わってきますね。

f:id:artdegenki:20170815153923j:plain

泊まった宿の女将さんも踊ってくれました。

とてもリズミカルで楽しい踊りです。

自然と体が動き始めます。

やっぱり楽しんでもらいたいという気持ちが伝わってきます。

最後の別れの時には紙テープがいっぱい!

f:id:artdegenki:20170815154606j:plain

こんなシーンを見るのは何十年ぶりでしょうか。

今でもあるんですね。そしてとても胸が熱くなりました。

見えなくなるまで、手を振り続けてくれる人たち

f:id:artdegenki:20170815154200j:plain

私は今回の短い旅で思ったのは、この町で働く人たち、すべてとは

言いませんが、生きるためというより、自己実現のために

働いているような気がしました。

町の高校では個人の才能を伸ばすための教育をしているようです。

東大の学生や院生がボランティアでいろいろと教えに来ることもあり、

人が人を呼び、お互いに高め合っている。

それがさらに人を育てていく。

高校は島内はもちろん、県内、県外からも入学してくるようになりました。

勉強が出来る人を育てるのではなく、生きていくことが出来る人を育てる。

それはいろんな人との対話の中で生まれてくるもの。

この町に移住したくなるのもわかるような気がしました。

最後に町の自慢が書かれた本の一部を紹介します。

f:id:artdegenki:20170815161156j:plain

移住したくなった人は是非!

隠岐の島の海士町へ行って来ました!①

皆さん、海士町って知ってますか?

ここです。

隠岐郡海士町オフィシャルサイト

ここが最近、とても注目されているのです。

なぜか県外から人が来て、住みついているのです。

私の友達もIターンで移住しています。

そんな海士町の魅力って何?

はっきり言って、緑と海以外何もないです。

最初に泊まった宿の近くはこんなところです。

f:id:artdegenki:20170810191845j:plain

自販機を探すのも苦労します。

もちろんコンビニはないです。

下の写真は海外の方がされている農場です。

作った農産物は島のあちらこちらに販売されています。

周りのみんなが協力しているんですね。

f:id:artdegenki:20170810183923j:plain

やぎもいました。

f:id:artdegenki:20170810183929j:plain

今年行った西表島で出会った女の子が散歩に連れていたやぎを思い出しました。

そのやぎは運動会の景品でもらったそうです。

所変われば、景品も変わりますね。

次に行った公民館?では住民が映画の上映をしたり、お茶を飲んだり、

話し合いをしたり、子どもが遊べる場所があったり、古い食器が売っていたり、

それで持ってネット環境は整っている場所でした。

都会でこんな場所を作るのは大変だけど、ここなら出来る。

f:id:artdegenki:20170810183933j:plain

以前、徳島の神山町に行った時に「ここでは場所を探す必要はない。いくらでもあるさかい。集まる場所も作品を展示する場所もいくらでもある」と言われたことを思い出しました。

したいことが出来る場所がいくらでもあるところです。

それから向かいの島の端の方へ行きました。

f:id:artdegenki:20170810183935j:plain空と大地しかないです。

だけど最高にきれいでした。

馬が散歩してました。

親子のようで、子馬が乳を飲んでます。

f:id:artdegenki:20170810183942j:plain

この風景を見て、腹が立つ人はいないと思います。

微笑みしか出てきません。

その後、山の上に立つ古い家にお邪魔しました。

この暑い中、涼しい風が吹き抜けます。

f:id:artdegenki:20170810183947j:plain

この中で何が足りないのでしょうか?

ここにすべてがあると思いました。

「ないものはない」

海士町のキャッチフレーズです。

まさにそう思いました。

すべてがアートでした。どこを見ても絵になる風景。

人が作るアートもあれば、自然が作るアートもある。

しかし、海士町が成功した理由は別にあると感じました。

それはやはり人ですね。

それはまた次回ということで。

 

 

 

 

2017フレンチクラフトフェアが始まりました!

アトリエミラボーさん主催の「2017フレンチクラフトフェア」が始まりました。

お店のあちらこちらに素敵な作品が飾られています。

まずは1階右側の壁面は額装の作品がいっぱい。

f:id:artdegenki:20170801170114j:plain

とってもおしゃれな作品で、センス抜群です。

もっと近くで見て欲しいです!

2階の踊り場にもさりげなくありますよ。

f:id:artdegenki:20170801171115j:plain

生地売り場も展示会場になってます!

2階の奥では人気のワークショップも連日開催されていますよ。

こんな素敵な作品が作れるチャンス!!!

f:id:artdegenki:20170801171304j:plain

今回、この素敵な展示会とワークショップを主催されているのが、

こちらの北野先生です。

f:id:artdegenki:20170801171138j:plain

www.ateliermirabeau.com

 

北野先生は火曜日以外、在廊されているそうですので、

是非会いに来られてはいかがでしょうか?

 

 

 

船場盛進亭落語会、大盛況でした!

7月26日(水)船場盛進亭の第1回落語会が開催されました。

場所は船場盛進堂なんですが、芸能関係の催しの時は「船場盛進亭」と

名前を変えています。

先日もアップしましたが、垂れ幕やっぱりインパクトが強い。

結構、通る人が見て行きます。

f:id:artdegenki:20170729155512j:plain

夕方、開演前からは出囃子を表で流して、ええ感じになってきました。

この頃から表でビールやサンドイッチを販売し、

ますますええ感じになってきます。

f:id:artdegenki:20170729160501j:plain

前を通りがかったお客様が入れますか~って言ってくれはりました。

なんとうれしいお言葉でしょう!

もちろん、どうぞ、どうぞ!

そして始まってみれば、目標の40人を超えて、44人も来てくれました!

なんと有り難いことか、スタッフの士気も上がってきます。

まずは桂文昇さんの一席から。

f:id:artdegenki:20170729161120j:plain

お題はお相撲さんのお話でした。

その次は桂治門さんです。

お父ちゃんと子どものお話。

子どものずる賢さが面白いです。

f:id:artdegenki:20170729161645j:plain

その後、お二人のやりとりがあり、中入りに。

最後は桂文昇さんの「口入れ屋」

これは面白いお話ですね~。

その場の情景が目に浮かんできました(笑)

ということで、皆様ありがとうございました。

次回は10月6日(金)18時30分からです。

皆様のお越しをお待ちしています。

 

 

船場盛進亭の垂れ幕完成!

なかなか周辺の方に認知してもらえないので、船場盛進亭の垂れ幕を作成、

本日より登場しました!

長さ約9mの垂れ幕と3色のストライプがなかなか目立っています。

船場盛進亭と書かれた下の部分は催し物に合わせて、マジックテープで

付け替えるといった仕様になっています。

今はもちろん「落語会」です。

さらにその下には透明ビニールを縫い付けたポケットが5個付いています。

f:id:artdegenki:20170719131750j:plain

実はこのビニールをミシンで縫うのは案外厄介なもんなんです。

布は滑りがいいですが、ビニールは滑りにくい。

よって、縫っても前に進まない。

こんな時はビニールにシリコン剤を塗るとスムーズに縫えます。

f:id:artdegenki:20170719132348j:plain

とっても優れたもんです。

もし、ビニールみたいな滑りにくい素材を縫う時は

是非、お試しください。

それでもって、垂れ幕見に来てください^_^

船場盛進亭が始まります!

船場盛進堂では絵でなく、音楽や芸能などのアート活動する方々も応援したいと思い、夜や休業日に「船場盛進亭」を開催することにしました。

その第一弾は「落語会」です。

f:id:artdegenki:20170712163112j:plain

船場盛進堂の1階スペースは何もない場所なので、狭いようで広いんです。

店内にある椅子を全部置いてみると、40人ちょっとは座れそう。

今回出演くださる桂文昇さんも下見に来られました。

高座の場所は背景が結構大切で、動いたり、派手なものでもいけません。

船場盛進堂のキッチンを背景にしますが、キッチンには大きな窓があります。

このちょうど真ん中に座らないとバランスが悪いそうです。

また、高座の左右も隠す必要があります。

扉を開けて出てくるのはいけないようです。

そのあたりもなんとか解決できそうで、開催することになりました!

出演者情報

桂文昇さん

http://www.hanjotei.jp/data/rakugoka/index.php?hanasika_ID=50150

桂治門さん

http://www.hanjotei.jp/data/rakugoka/index.php?hanasika_ID=60071

ということで7月26日(水)午後6時20分スタートです。

是非、お越しくださいませ。

 

Sumihiko*nanna 新作展始まりました!

墨アーティスト「イマタニ タカコ」さんが描く墨アートを生地にプリントし、その生地を使ったさまざまな作品が販売されています。

f:id:artdegenki:20170627140120j:plain

その中でもタイトルの「Sumihiko*nanna」はイマタニさんとナンナさんのコラボ商品。独特のシルエット、こだわりの生地にファンの方も多い。今回はその新作の展示、販売です。

f:id:artdegenki:20170627141818j:plain

墨アートの生地をいろんなところでうまく使っていくセンスはさすがですね。

全体にゆったりしたシルエットはとても着やすそう!

その他にはイマタニさんの絵も展示、販売しています。

f:id:artdegenki:20170627142355j:plain

大きな墨アートも必見! 

f:id:artdegenki:20170628124336j:plain

是非、皆さんご来場くださいませ。